ka na ta always kyutai pants indigo

Ka na taが服作りにおいて一つのテーマとして掲げる「球体」

そのシルエットを持った、他には無い独特なパンツ。

複雑なパターンにより構成されており、
一般的なパンツの概念に当てはまらない、複数のパーツで一本のパンツに仕上げられています。

ウエストゴムの為、脱衣が簡単なのも魅力的◎


生地はヘンプ×コットン。

以下、Ka na taデザイナーの言葉。

「コットンヘンプについて」

ヘンプとは、麻の中でも大麻と呼ばれる品種。

大麻と聞くと、悪いイメージが付き纏うが、繊維としての大麻は、実は日本の歴史上、最も日本人が大切にしてきた繊維。

 最初は少し張りがあるが、着ていく中で、どんどん柔らかくなり、生地にとろみが出てくる。

吸汗、通着性は、非常に高く、麻の中でも上質な大麻は最も高価な糸。

このヘンプを70%使用し、経糸には、スーピマコットンを使用し、仕上げ処理で揉み込む事で、柔らかく肌触りの非常に良いヘンプコットンが完成した。

あまりに高価な生地の為、今回の上代を次回以降維持できるとは思えない。



<素材>
ヘンプ 30% コットン 70%

<サイズ>
サイズXM(およそ):ウエスト 74cm(ゴム) 総丈 98cm 裾幅 67cm


<着用モデル>
woman 163cm



XM
販売価格
39,600円(税3,600円)
購入数